記憶力アップ方法!記憶力アップの食事や食べ物も!
<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

記憶術のシステムの作り方

それでは、記憶術のシステムの作り方
についてお話していきましょう。

ここで重要になるのが
「エビングハウスの曲線」の概念です。

簡単にいうと、
「何かを覚えてから24時間後には
、80%近くが忘れられている」
という概念です。

これは、知能の高低にはあまり関係ありません。

でも、八割忘れてしまうのです。

ところが、「あること」を実行することによって、
24時間後に80% 忘れるのではなく、
80%覚えていることが可能になるのです。

結論から言うと、「あること」とは「誰かに教えること」
つまり、「自分の口で内容を話すこと」なのです。

人に対して話すということは、
まず自分の頭の中を整理しなければなりません。

そして、声に出して相手に聞かせるということは、
とりもなおさず自分の声を自分の耳に聞かせている
ということです。


加速学習の最前線を描いた
”Accelerated Learning for the 21 Century”
(Colin Rose& Malcolm J. Nicholl著・未邦訳)に、
以下の図式が示されています。

読んで覚えられるのは、20%
聞いて覚えられるのは、30%
見て覚えられるのは、40%
話して覚えられるのは、50%
実行して覚えられるのは、60%

見て、聞いて、話して、実行して覚えられるのは、90%

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。