記憶力アップ方法!記憶力アップの食事や食べ物も!
<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

記憶力がいい人の共通点とは?

世の中には記憶がいい人もいれば、その反対の人もいます。
また機械の操作が苦手な人もいれば得意な人もいます。

機械いじりが得意な人は、新商品でも何でも
すぐに操作方法を覚えてしまいます。

パソコンや携帯なども同じです。
どんな新機種が出てこようが、彼らはすぐに操作方法を
自分で覚えて使いこなしていきます。

これは彼らが好きなこと、楽しいことをやるから
ドンドン覚えていくことが出来るわけです。

つまり、楽しみながら覚えるので頭に記憶として
残りやすくなるわけですね。

この楽しむということは、記憶を良くするためには
とても大きなポイントでもあります。

人間楽しみながらワクワクしながら記憶したことは
そう滅多に忘れることはありません。

何でも「これは面白い!」という気持ちで取り組めば
そういう楽しい気持ちが記憶を強化してくれます。
それには証拠があります。

つまり、人間はストレスがあると記憶力が低下する
という報告が多数ありますから。

嫌々ながらやること、あるいは強烈にプレッシャーが
掛かりながらやることで人間の記憶力は低下してしまうのです。
ストレスは記憶力に悪影響を及ぼすデータも出ています。

なので記憶を良くするためには、まずはストレスを
出来るだけ排除することが大事なのです。

「ポジティヴな心」が「脳をより働かせてくれる」
こういうことなのです。

例えば同じ勉強するにしても
「私はこんなやり方で本当に合格するのだろうか・・・」
「この資格試験に合格しないと自分の人生終ってしまう・・・・」

このようなプレッシャーを自らに掛けていては
頭がスムーズに働きません。

これを
「合格したら彼女と温泉旅行にいける!」
「合格したら自分に何かご褒美をあげよう!」
というように楽しいことをイメージしながら
やった方が良い結果が出るということです。

そもそも勉強は本来楽しいものです。

つらいと思うから余計につらくなり、
本当に嫌いになってしまいます。

どうでやるなら、楽しみながら覚えるのが
一番の記憶術であります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。