記憶力アップ方法!記憶力アップの食事や食べ物も!
<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

自分で対話しながら覚えることが大事

私たちは自分で気がつかない内に自らが
語りかけてることがあります。
心理学ではこのことを「内言語法」というようです。

そして勉強が出来る人間は、実はこれを無意識に
使ってるようなのです。

「よし!出来た!おれはすごいなぁ。。。」
「次は●●の公式を使うのだな。」
自分と対話しながら、正解を導き出すのです。

こうして自分自身に積極的に語りかけると
より理解力が促進されるようです。

この「内言語法」は、自分がどれだけそのことを
理解して記憶してるのかを確かめるバロメーター
代わりになってます。

ここであなたの過去の学校時代の
勉強を思い出してみてください。

普通に教科書を読んでもそれだけで記憶に残りましたか?
きっとほとんどの人が「NO」だと思います。

しかし、内言語法を使いながらやれば・・・・
「これは前に覚えた箇所に似てるなぁ。。。」
「ここは●●と関連してるかもしれないなぁ。。。」
などと自分自身で質問したり、対話したりして
思考を誘導することでドンドン記憶力が増します。

普通のやり方で普通に勉強すると、大抵2〜3日で
ほとんどの内容を忘れます。

ですが、この内言語法を使用しながら勉強すると?!
ほとんど覚えたことを忘れないわけです。

こうした内言語法は、自分の理解度を客観的に
見つめなおすのにとてもいい方法です。

是非とも活用してみてください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。